サクラ詐欺被害

最終更新

出会い系サイトを使うかどうかを決断する前に、出会い系を使うことで被り得る被害について知識を充実させておくことは、被害に遭うことを防ぐというだけでなく、出会い系への登録の可否を最終的に判断する上でも非常に重要なポイントです。

その中でも出会い系を使うことで利用者が被る被害の中で一番多く、また出会い系サイトの最大の問題点ともなっているのがこの「サクラ被害」です。男性からメールを受信することで報酬を得るアルバイト社員が女性に成りすまして出会い系を使い、料金を支払って使う男性を相手に大量のメールの送受信を行うのがサクラです。これまでは、有料のしかもポイント制のサイトにしかいないとされてきましたが、最近では無料サイトにもサクラがいることがサクラとしてアルバイトをしたことがある人などによって確認されています。

アクティブタイプのサクラ

これまでよく知られてきたサクラは、このアクティブなタイプに分類できます。アクティブとは、サイト内での活動の様子を表したもので積極的に男性にメールを送りつけたりすることを意味します。サクラ被害に遭ったことがある利用者のほとんどはこのタイプのサクラに騙されています。

“待ち”のサクラ

それに対し、無料サイトなどで確認され始めているのがこの“待ち”のタイプのサクラです。アクティブに活動するサクラに対して見破りづらいのが特徴的なサクラです。利用者側からメールを受けるという点では同じですが、自らは一切メールを送らないので、誤ってメールを送ったとしても相手がサクラかどうかの判別がつかないので大変厄介な存在と言えるでしょう。アクティブなサクラであれば、メールの文章や言葉の使い方などからおおよそサクラだと判別することができますが、このタイプのサクラは一般の利用者が設定するようなプロフィールに似せてあるのでこれといった特徴がなく見分けることは至難の業です。

このタイプのサクラが無料サイトに多いのは、無料ということで殺到する男性に対し、女性の数が非常に少なくなる傾向が強いために利用者数の水増しを目的に配置されるためです。

問題なのは、サクラかどうかの見分けがつきにくいために、サクラ被害に遭ったかどうかについて状況を正しく評価することがかなり難しいという点です。アクティブなタイプのサクラによる騙しも酷いですが、この“待ち”のサクラによる被害は、被害に遭った利用者が自覚することなく騙されるという点でより陰湿なサクラ詐欺と言えます。

サクラ詐欺被害は回復できるか?

これまでおそらく何百万人という人がサクラ被害に遭ったか分かりません。それほど、出会い系におけるサクラの問題は広範囲に、そして深く根付いているものです。サクラ被害がなくならない理由の一つには大きな社会問題とまではならなかったということがあります。

誰もが共通して感じていることとして、出会い系サイトを使っていることを大っぴらにするのは後ろ暗いということです。人知れず自分の本性をさらけ出して秘密の出会いや関係を楽しめるのが出会い系の醍醐味ですから、たとえ被害に遭ったとしても名乗り出る人は非常に少ないわけです。それだけでなく、サイトを使っているということだけならまだしも、サクラ被害に遭ったことまでを他人に知られるのはかなり抵抗あることです。

また、被害の回復を本来助けるべきである弁護士や警察機関などもこれまではあまり熱心に取り締まりや対策を行ってきませんでした。それ故にサクラ被害が減らなかったわけです。

ところが最近は事情が変わってきています。
資格保持者が一気に増えたことで携わる業務が相対的に少なくなってきた弁護士がサクラ被害の回復を手伝うことで報酬を得ることに収入増加の活路を見出したためです。弁護士の報酬は基本的に相談料を元にしていますが、裁判で勝利し被害者が賠償金を得ることができれば追加で成果報酬を得ることも契約によっては可能です。被害の規模が大きければ大きいほど勝ち取れる賠償金も大きくなりますので弁護士は熱を入れて被害の回復に努めるわけです。警察も弁護士に言われればきちんと対応しないわけにはいきません。こうした動きによって最近ではサクラ被害による損失も回復させることができるようになってきました。

ただし、利用者側からすれば被害の回復はできても高額な弁護料を弁護士に支払う必要があるのでケースによっては、被害額よりも多くの出費をしなければいけなくなることもあるということは知っておく必要があるでしょう。

我々は、この点に関し疑問を呈せざるを得ません。弁護とは本来人間の善意に基づいて行われるべき行為です。被害額を上回る相談料を支払わなければならないというのでは、被害者が救われるポイントはどこにあるというのでしょうか?被害者の、サクラに騙されたという悔しさを晴らすことができればそれで十分なのでしょうか?本来は、そうではないと思います。弱者の味方として、サクラ詐欺に遭った人々の本当の意味で助けになる存在であってほしいと強く願います。