詐欺被害対策

  • タイプを問わずすぐ会おうとする女性

    出会い系サイトでタイプを問わずすぐ会おうとする女性は風俗営業目的の業者なので避けなければいけません。ポイント制の出会い系にはどのサイトにも必ずこういった悪質な利用者がいるので理解を深めて危険を避けるようにすることが大切です。

  • いまだに出会い系は詐欺が多い

    悪質なサイトが減ってきているとはいえ、いまだに出会い系にはサクラ詐欺の悪徳サイトが非常に多いです。悪徳サイトの詐欺に騙されないためにも安全な無料サイトはないということと、安全なサイトはごく一部のサイトに限られるということを理解しておきましょう。

  • 匿名で利用できるといっても無料サイトは危険

    フリーメールアドレスなど匿名性を保って利用できるとしても無料出会い系は危険なタイプのサイトです。無料出会い系に登録すると非常に高い確率でサクラ詐欺被害に遭うことになるので、匿名性を保って出会い系を利用する際はYYC(ワイワイシー)を選択するようにしましょう。

  • 既婚者専用の出会い系サイトは危険!

    既婚者専用の出会い系サイトはほぼすべてがサクラ詐欺の悪質なサイトであり決して登録してはいけません。既婚者同士で出会いたいという理由から専用のサイトを選ぶと詐欺被害に遭い多額の料金を支払わされることになるので、登録するサイトを選ぶ際は優良なポイント制の出会い系を選ぶようにしましょう。

  • 出会い系の広告は信憑性が低い

    出会い系の広告は広告を売り込み経済的な利益を得ることを最優先に配信されるため信憑性が低いのが実態です。また、出会い系サイトの広告は体験者を装って提供されたりするなど広告と判別できないステマの形態で配信されることも多いので誤った情報に騙されてしまう危険性が高いという問題もあります。

  • 出会い系でのサクラ被害は返金可能

    悪質なサクラ詐欺出会い系サイトでの金銭的な被害については返金してもらうことができる場合があります。その際は、必ず警察や弁護士に相談の上、代理人として仲介してもらうようにしましょう。ただし、時には返金してもらう額よりも弁護士への報酬額の方が高くなる場合もあるので要注意です。

  • サクラがいない出会い系にいる愛人募集中の女性に騙されない

    出会える系の出会い系サイトには愛人募集と偽って男性を騙すキャッシュバッカーの女性がいるので要注意です。愛人募集中ということで会える女性であると信じ込ませることを狙いとしていますが、そもそも出会い系で愛人を探すこと自体が誤った行為なので決してするべきではありません。

  • サクラ出会い系での後払いポイントの支払い義務について

    消費者契約法では、料金が発生することを利用者に分かりやすく表示することを義務づけており、確認がない場合には利用者に支払いの義務が発生しません。したがって、自動後払いやサクラ出会い系などによるポイントの支払い義務はないということになります。

  • 芸能人は出会い系をやるのか?

    芸能人が出会い系サイトを利用することはまずありません。もし、芸能人を名乗る人からメールを受信した場合は、悪質な出会い系サイトのサクラである可能性が非常に高いので返信メールを送信したり連絡を取らないようにしてください。