援デリ業者による出会い系悪用の実態

最終更新

出会える系の出会い系サイトには売春を斡旋する違法な風俗業者である『援デリ業者』が多い問題があります。大人の出会いを目的とした男性を相手に、堂々と客引き行為を行う違法業者の実態や問題点、背景事情について解説します。

援デリ業者とは?

援デリ業者とは、出会い系サイト内において、男性を相手に客引き行為や売春の斡旋行為を行う違法業者のことであり、現在出会える系の出会い系サイトにおいて、安全性や健全性を大きく損ねる要因として大きな問題となっている不正ユーザーのことです。

援デリ業者が好んで利用するのは、一般の登録者同士が会えると評判のサイトです。サクラが多いサイトやサクラとかメールできずにまったく会えない悪徳出会い系は、客引き行為ができないことから敬遠され、ちゃんと会える、どちらかといえば優良と評価されるサイトを利用するのが一般的です。

出会い系に援デリ業者が多い理由

現在、出会い系サイトが違法売春を斡旋する援デリ業者に悪用され過ぎていると言えるほど多くなっている理由は、以下の2つです。

  • 元々、出会い系には大人の出会いを目的とした男性が多く見込み客として有望であること
  • 悪用されている側のサイト運営者や管理者が取り締まりに消極的な面があること

出会い系サイトの男性利用者は、女性と出会う目的として、セフレ募集や不倫パートナーの募集を意図している場合が多いです。中には、金銭と引き換えに女性と肉体関係を持とうとする男性も少なくありません。そのため、援デリ業者からすれば、それらの男性利用者は、見込み客として有望であるという事情があります。

また、援デリ業者に悪用されている側のサイト運営者や管理者が、不正ユーザーの取り締まりに積極的ではないことも大きく影響しています。サイト運営者にとっては、一般の女性相手であろうと、援デリ業者やキャッシュバッカー相手であろうと、男性登録者が女性登録者に対して数多くメールを送信してくれた方が得られる収益が多くなります。仮に、援デリ業者を徹底的に排除する取り組みを推進してしまうと、収益が大きく減りかねない事情があります。つまり、不正ユーザーを減らしたいと考えつつも、収益を大きく損ねることには取り組みたくないという事情があるわけです。

援デリ業者と逢う危険性・逢ってはいけない理由

援デリ業者と逢うことを選択している男性の中には、一般的な合法なデリヘルと実質同じであれば逢っても問題ないのではないかと考える人もいますが、実際には意味合いが全く異なります。

援デリ業者は違法業者です。違法業者であることを知りながら求めに応じて逢うということは、違法行為をほう助することに他なりません。つまり、客として援デリを利用した男性自身も場合によって摘発の対象となる可能性があるのです。

また、援デリ業者は18歳未満の未成年に売春を強要するケースも少なくありません。

※参考記事
女子中高生を狙う「援デリ」実態
http://news.livedoor.com/article/detail/8954000/

中高生などの未成年者を相手に援デリを強要する違法業者の求めに応じて逢うことは、法律的にも倫理的にも決して許されることではありません。

援デリ業者と会うことを推奨する悪質な広告サイトの存在

出会い系の広告サイトの中には違法風俗業者である援デリ業者と会うことを推奨しているサイトがあります。

当然ながら『援デリ』は違法業者によるものがほとんどで、出会い系サイトの安全性を損ねる大きな要因となっているので決して会ってはいけないタイプの利用者であり、不正ユーザーです。ところが、それにも関わらず援デリ業者の問題点について詳しく触れることなく、会うことを積極的推奨している広告・情報サイトが存在しているのです。

残念なことに、そうしたサイトが『援デリ』と検索すると上位に表示されている場合があるので、こうした問題を知ることなく、推奨されるがままに援デリ業者と出逢うことを選んでしまう男性が後を絶ちません。

そういった広告・情報サイトで配信されている情報は信頼に値しないものばかりです。単に、サイトを訪れた人をそそのかし出会い系に登録させることで広告収入を得ることだけが目的なので、決して情報を信用せずに無視することが大切です。


援デリ業者による出会い系の悪用は年々激しさを増す傾向があります。援デリ業者による悪用が増えるとサイトの安全性や健全性、そして一般の女性と会える可能性を著しく損ねることになるので、長い目で見れば普通の登録者やサイト運営者にとっていいことは何一つありません。サイト内でもしも見かけた場合は、絶対に無視し、運営者に通報することを徹底するようにしましょう。


※援デリ業者の実態や特徴、問題点については Google検索すると詳しい解説記事が多数あるのでそれらの情報も参考にしてください。

援デリ業者 – Google検索