利用者への提言

  • 未成年が出会い系を使ったら摘発対象になる

    出会い系を18歳未満の児童が利用することは法律によって禁止されているので利用すると摘発対象となります。よく援助交際をしなければデートに誘ってもいいと理解している人がいますが、それは誤った理解であり双方が摘発の対象となります。出会い系サイトでは、いかなる形態でも18歳未満の未成年者を誘う行為は禁止されています。

  • 安全に出会うために利用者が気をつけるべきこと

    出会い系サイトに関しては、登録前、利用し始める前に考えるべきリスクと安全性があります。これらの点については注意し過ぎるということはありませんので、くれぐれも被害に遭わないように安全性の確保に努めるようにしましょう。

  • 18歳未満の未成年者と出会うのは犯罪

    出会い系サイトを利用する人の中には、18歳未満の未成年者との出会いを求める人がいますが、そういった行為は法律により明確に禁止されることが規定されています。援助交際など犯罪行為に加担しないためにもしっかりとした倫理観を持ち、理性的な価値判断に基づく行動が求められます。

  • ポイントだけ消費していく場合のアドバイス

    出会い系サイトでポイントだけ消費していく場合は、掲示板の投稿から女性を探すのではなく、プロフィールが無料で見れるサイトを使うようにしたり、ログイン頻度を高めることで女性からメールをもらいやすくすることなどがおすすめです。そのためにも、複数のサイトに登録して賢く使い分けるのがポイントです。

  • 出会い系の体験談を参考にする

    出会い系サイトを選ぶ際は、サイトの体験者の経験談を参考にするようにしましょう。そうすれば、出会うために必要な正確な情報を入手することができます。

  • 出会い系の広告を信用し過ぎてはいけない

    出会い系サイトに関する情報を収集する際は、評価情報が誇大広告として他でも流用されていないかどうか、メリットだけでなくデメリットにもきちんと言及されているかどうかについて調べ、適切に評価することが出会うためにも、被害に遭わないためにも大切です。

  • 匿名であることを悪用してはいけない

    出会い系サイトには、匿名で利用できるということを悪用してモラル意識が低い使い方をする人が多くいます。しかし、匿名であるからこそ余計に高いモラル意識を持って利用し、サイトの健全性を保つ努力を利用者も責任を持って果たすべきなのです。